読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意訳派のワケ

好き勝手和訳します。

Record Collector - Lissie(リジー) 和訳


Lissie - Record Collector (With Lyrics) - YouTube

この曲の意味が最初は分かりませんでした。

ですが、私はこの曲は人生のことを歌っているのだと思います。

1番目の「That I won't get lost ever again

(もう迷わない なんて何度も言うのにさ)

Who knows, maybe I will

(迷うかどうかなんて わかんないよ)」この部分は特に、何度も過ちを犯してしまうということを歌っているように思えました。

そうしないと決めていても、過ちというのはうっかり犯してしまうものなのです。

 

I'm tired of saying

(疲れちゃったの)

That I won't get lost ever again

(もう迷わない なんて何度も言うのにさ)

Who knows, maybe I will

(迷うかどうかなんて わかんないよ)

And everywhere I go there I'll be

(私が行くところには)

With a rust old rake in a pile of leaves

(落ち葉に埋もれた 錆びた熊手がある)

Oh my, truly daunting

(本当に困ったわ)

 

But my blue eyes cannot see

(でも私の青い目は見ようとしない)

That their real hue's probably green

(本当の色は 緑かもしれないってこと)

I should keep records of these things

(この記憶は とどめておこう)

And I'll know what yesterdays bring

(昨日が何をくれたか きっと分かるから)

 

I, I'm not really sure

(もう 本当にわからない)

But I'm starting to think that I've been here before

(でも ここに来たことがあるかも)

Who knows, maybe I have

(そうかどうかなんて 分かりっこない)

And everywhere I went there I was

(私が行くところで)

With a choir of bees they were all a buzz

(蜂の聖歌隊がブンブン飛んでた) 

Oh my, how amusing!

(なんて面白いのかしらね!)

 

But my blue eyes cannot see

(でも私の青い目は分かろうとしない)

That their real hue is probably green

(本当の色は緑かもしれないってこと)

I should keep records of these things

(レコードは取っておこうと思う)

And I'll know what yesterdays bring

(昨日が何を導いたか いつかは分かるから)

 

But one time, there was this one time

(でも昔は 本当にそこにあったのよね)

When I swore God, she spoke to me

(神に誓った時に 彼女は私に声をかけて)

And she told me, oh yes she told me

(話してくれた 話してくれたの)

Of all the wonder that she could bring

(創り出した 世界についてのこと)

And I said, "Won't you, won't you fill me up with it

(「そんな世界にしてくれない?」って 言ってみたの)

Why don't you fill me up with it

(何でできないのよ?)

Won't you fill me

(満たして欲しいの)

 

Won't you, won't you fill me up with it

(満たしてよ 今すぐ)

Why don't you fill me up with it

(どうして出来ないのよ)

Why don't you fill me

(どうしてそうしてくれないの)

 

Won't you, won't you fill me up with it

(その世界で私を満たしてよ)

Why don't you fill me up with it

(どうして満たしてくれないのよ)

Why don't you fill me!

(満たしてよ!)

 

But my blue eyes cannot see

(でも 私の青い目は分からないの)

That their real hue is probably green 

(本当の色は 緑かもしれないってこと)

I will keep records of these things 

(この思い出は とっておこうかな)

And I'll know what yesterdays bring

(昨日がくれたものを 知ることになるから)

 

I am always there with me

(いつも自分らしくあるよ)

And I know what yesterdays bring

(今日こそ 昨日からの贈り物なんだ)

 

リジーの曲には、こういう哲学的で文学っぽいものがたくさんあります。

いつかリジーが、ボブ・ディランのようにノーベル文学賞を取ることを望んでいます。(笑)